アルファホームは東大阪の新築一戸建て、不動産売買、分譲住宅、土地の不動産業者です

不動産に関するご相談・ご質問はこちらへ
フリーダイヤル0120-118-770

不動産用語集

HOME > 不動産用語集 > 重要事項説明書

GLOSSARY
不動産用語集

重要事項説明書

重要事項説明書とは、契約に関しての重要事項を契約予定者に説明するための書類です。

宅地建物の取引や保険の販売、マンションの委託契約、建築設計契約などさまざまなものがあり、
契約内容に応じてそれぞれ用意されています。

宅地建物の取引に関しては、宅地建物取引業者が、売主と買主(もしくは貸主と借主)に対して、契約上重要な事項を説明するために用います。確かに説明を受けたことを証明するために当事者に署名や押印をしてもらいます。

重要事項の説明が必要とするのは、業者自身が売主として取引する場合や不動産取引を代理・媒介する場合であり、その説明は売買契約や賃貸借契約が成立するよりも前に行なわなければなりません。

また、宅建業者による重要事項説明書の説明は、宅地建物取引士の資格を所持する者が内容を記載した書面に記名押印し、書面を交付した上、口頭で説明を行わなければなりません。

説明を行う際には、相手から請求がなくても、必ず宅地建物取引士証を提示しなければなりません。

また、これらの手続きは契約予定者の同意があったとしても省略してはならず、内容を熟知している宅建業者が契約予定者でも行う必要があります。

説明する内容は、不動産売買か賃貸かによっても異なりますが、大まかに分けて、取引対象不動産の権利関係、取引対象不動産に係る法令上の制限、取引対象不動産の状態やその見込み、契約の条件などが挙げられます。

元々、この説明は不動産の特性や取引内容が原因で当事者に不利益が発生することを防ぐために必要とされていますので、説明内容が厳格に定められております。

重要事項説明書は定型書式になっていますが、地域によって条例があったり、対象物件独自の特徴などによって適宜書き換えられていたりすることがありますので、説明はきちんと聞いておきましょう。質問をすると詳しく教えてもらえますので、特殊な内容や、分かりにくいことがあればその都度、確認をするよう心掛けて下さい。

重要事項説明書は内容が複雑で長文に渡っているため、言われるままに流している人も多いです。
しかし、高額な買物や取引になりますので、説明内容をきちんと理解した上で納得して契約できるように、分からないことは何度でも確認しておいた方がよいでしょう。